「ご当地ミス」が危ない?

ご当地ミス

知り合いのFacebookに「ミス沖縄」の方の写っている写真があって、「お!やっぱりかわいいなぁ~」と思い、ふと思い出しました。
自分、かつて世の中の「ミスXX」というのを調べていたのです。
学生のミスXXから地域のミスXX、色々なミスがいました。これらのミスからアナウンサーとかになる人が沢山いましたよね。テレビとかで見ると「昔から素敵だったからなぁ~」と勝手に身近に感じていたモノです。

そこで、早速調べてみました。
今回見たのはミス沖縄は第38代(ミス沖縄2019)の方でした。

ミス沖縄2019は次の3人。

スカイブルーの玉城 真由佳(たまき まゆか)さん
コバルトブルーのスピーナ 瑛利香(すぴーな えりか)さん
クリーングリーングレイシャスの譜久里 美樹(ふくざと みき)さん

写真左から玉城真由佳さん、ピーナ瑛利香さん、譜久里美樹さん。
写真は一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューローHPより拝借(https://www.ocvb.or.jp/activities/missOkinawa at 2020/02/28)

さてさて、折角だから、他のミスコンはその後どうなんだろう?と思って「ミスさっぽろ」を調べてみたらびっくり!
なんとミスさっぽろは、2011年度で廃止となっていました。
40年続いていたそうですが…、残念。
廃止の理由は「未婚への批判」と「イベントの減少」だそうです。

うーん、これは時代の流れなのかなぁ~

ということで、再び「ミス」を調べてみたくなりました。廃れているのかな?
増えたりしていないよね…
広報活動がメインの地域の「ご当地ミス」を中心に取り上げ、私もミスコンを続けてくれている地域を応援します!

タイトルとURLをコピーしました